フリーランスのエクセル屋さん

経理屋が主に有価証券報告書を元に会社分析をしてます。会社体質をマンガでまとめたりもしてます。トップページに記事分類があるので、タイトルをクリックorタップして下さい!

マンガ記事の作り方(番外コラム)

うちのブログの肝というか、唯一自信を持ってオリジナルと胸を張れる部分。

それは「マンガでわかる業務効率化」という短編漫画です。

 

f:id:umimizukonoha:20200313221121j:plain

「マンガで分かる業務効率化」はアマゾンのインディーズマンガで読む事ができます。0円でKindle版を購入できますので、宜しければ是非ご購入、応援お願いします!

https://www.amazon.co.jp/dp/B082QSTFLX

 

殆ど定期的な読者のいないこのブログを続けられているのは、ひとえにこのマンガのシナリオ作りを自分で楽しいと思っているからに他なりません。このマンガが無かったらうちは、ビジネスオタクの個人的見解を書き連ねるだけのブログとなり、自分でつまらなくなって挫折してたと思います。

で、いつも心を救われている漫画家さんの紹介を兼ねて、今回はこのマンガをどうやって作っているのかをザックリ紹介してみたいと思います。

漫画家さん紹介

お名前:城崎優先生

HP: https://sirozakiyuu.com/

ブログ:https://ameblo.jp/ichinichihakumattoiuma/

twitterhttps://twitter.com/sirozakiyuu

備考

お仕事の詳細はホームページを見て頂きたいですが、うち以外にもYouTuberの方や企業さんにマンガやイラストを描いてらっしゃいます。個人的に城崎先生の絵はちびキャラが特に可愛いと思っています。もし何か描いて欲しいイラスト、漫画のシナリオがある方はHPまでどうぞ。(うちが後回しにされない範囲で)

発注する事になった経緯

①業務効率化の考え方をまとめているうちに、分かりやすく伝えたいと考えた

②漫画で伝えるアイディアが浮かび、分かりやすく伝えられるシナリオを書いた

③ランサーズというサイトで、イメージに合う漫画家さんを探した

④城崎先生のイラストを見てまさにイメージ通りだった

⑤城崎先生に依頼&契約条件設定&シナリオ送付

⑥ラフ画チェックOK

⑦清書版OK

⑧納品

ザックリこんな感じです。

契約条件

うちは一コマいくらという単価で契約し、描いて頂いた分だけ料金をお支払いする代わりに、漫画の著作権は私にあるという買い上げ式でやっております。当初私は、先に描いて頂いて、利益が出たら折半とかできないかな~とかムシの良い事を思っていましたが、今は正直買い上げ式で良かったと思います。

理由は、たまにイメージと違う時に「ちょっとだけ変えて欲しい」という依頼も、対価を支払っている以上は修正依頼を言いやすくなるためです。勿論、失礼にならないと思われる範囲でですが。(まあ、そもそも城崎先生は思った通りのものを仕上げてくれるので、直す事はあまり無いのですが)

しかも、冷静になって考えれば分かるのですが、漫画で利益出すのはかなり厳しい(汗)大量の無料マンガアプリが蔓延し、ほぼ無料で大量の漫画が読める現代で、お客さんに漫画を有料購入頂こうと思ったら、よほど人々の琴線に触れる何かが必要があると感じました。何が利益折版だと。お前が利益出せるようになってから言え、と。

かつての自分の甘さが恥ずかしいです。

実際の作成例

例えば以下のようなシナリオを私が送ります。

タイトル:ダイバーシティ(あふたー株式会社)
①パイセン「あらたさん、この間の企画アイディア、凄く良かったよ」笑顔のあらたさん「実は他にも提案したいアイディアがあるんですよ」
②頷くパイセン「それなら、君には企画の仕事を回すように手配しよう」(営業の仕事は俺が引き取ろう)あらたさん「え、そんなことして良いんですか?」
③ガッツポーズのパイセン「うちはダイバーシティを重視しているからね。その人がやりたい仕事は、ガンガン回すよ」はてなマークを浮かべたあらたさん「え?ダイバーシティって異文化理解じゃないんですか?」
④パイセン「ダイバーシティというのは個人の違いを理解して認めあう事さ。異文化理解はほんの表層の話に過ぎない」あらたさん(へ~)
⑤笑顔のパイセン「本人と周囲が認める得意分野があるなら、とことんやらせた方が成果上がるからね」(何よりモチベーションが違う)あらたさん「なるほど!」

こういうシナリオを城崎先生に送ると・・・

f:id:umimizukonoha:20200313234834j:plain

こういうラフを描いて下さいます。

読めばわかると思いますが、私のシナリオは基本的にざっくりしたセリフだけなので、それ以外のキャラデザイン、キャラの配置や表情、背景は城崎先生がこちらの要望を聞きつつ、オリジナルでつけてくださってます。単調にならないようキャラの配置とか変えてくださいますし、特に4コマ目の背景とか秀逸ですね。内容にあった背景を加えてくれました。この作品なんかは即OKで清書頂きました。

 

そして清書がコチラ

f:id:umimizukonoha:20200206232158j:plain

特に私から効果や色は指定していない(というかそこまでの想像力はない)のですが、雰囲気が単調にならないように色彩も色々変えて下さってます。
これぞまさにプロの犯行・・・(いやプロだし)

 

まとめ

というわけでとりあえず、このブログはマンガ作成のネタが無くなるか、作成資金が尽きるまでは6話/月を作成ペース目標でまったり存続していきたいと思っています。とりあえず100話作成を目指したい・・・

ぶっちゃけブログのアフィリエイトも漫画自体もさっぱり収益にはなってませんが、それでもやっぱり自分が想像したものが具現化される感覚は、収益以前にかなり楽しいです

漫画やアニメは昔から好きなのですが、昔から私は絵が壊滅的に下手くそなので、自分が漫画を作るなんてまず無理だと思ってました。しかし、絵が描ける人の力を借りれば、こんな事もできるんだな~と感動してます。

コンテンツ作りに興味はあるけれどスキルが無い、なんて方は、その能力を補って下さる方と上手く力を合わせて挑戦してみてはいかがでしょうか~