フリーランスのエクセル屋さん

経理屋が主に有価証券報告書を元に会社分析をしてます。会社体質をマンガでまとめたりもしてます。トップページに記事分類があるので、タイトルをクリックorタップして下さい!

【ブログ運営】ブログ1年目のアクセス数報告とご連絡

ブログ開始してから1年が経ちましたので現状のまとめです。

 

 

アクセス数

8か月目まで全然だったのですが、アクセスが最近ようやく上向き始めました。

上向き始めたきっかけは下記の通りでした。

www.freelance-no-excelyasan.com

以前このブログでは、自分で何ができるのか迷いながら、あれこれと色々な記事を書いてましたが、経理としての知識を活かして企業分析記事を書く事に決めたら、投資家の方にご好評いただき、アクセスがぐっと伸びました。

累計アクセス数

8か月時点:3,543PV

現在:68,272PV

この4か月で一気に20倍近く増えました・・・私の8か月っていったい・・・。

 

特にTwitter経由での流入が多く、直近の記事のいくつかが個人投資家の影響力のある方々から何度かリツイート頂き、フォロワーの方が急激に増えました。

f:id:umimizukonoha:20201108231919p:plain

Twitterでは投資家の方は企業名で検索して情報収集する方が多く、企業名でうちの記事にたどり着いた方々がブログ記事を評価してくださり、少しづつ広がった、という流れだと推測されます。

ちなみに昨日までは650数名だったのですが、昨日書いたシマノの記事を、複数の影響力のある方々が紹介してくださったお陰で一気にフォロワーが増えました。

結果、うちのブログは1日で2,000PVくらい来てました。。

影響力のある方達の呟きはホントに凄いんだな~と思いました。。

 

ブログ収入

累計

Google Adsense:6,479円(ようやく支払下限に到達しそうです)

A8net:0円(クリックしてもらったのですが、結局収入にはなりませんでした)

他こまごまあるんですが、全部合わせて1,000円くらいでしょうか。

 

アフィリエイト収入でコーヒー代稼ぎたかったのですが、現状ブログ費用も賄えず赤字な感じです。

さらにはお問合せフォームにこんな投稿が・・・(汗)

f:id:umimizukonoha:20201108234020p:plain

無収入でもどっかから文句言われるのかな。嫌だな・・・と。

なんか色々悶々としてくるので、アフィリエイトもやめてしまおうかと思います。

 

ということで、ご連絡です。

うちのブログ記事を気に入ってくれた方に、気に入った商品を購入してもらう事で同ブログを支援して頂くという、「フリエク募金箱ページ」も閉鎖しました。。

商品の買い手、売り手、仲介者の全員にメリットある仕組みだと思ったんですが・・・いずれにせよ無収入で、読者ニーズも無さそうですし残しておいても仕方ないと思いました。。これに興味を持って下さった方、申し訳ありません。

 

有料記事

ちょっと読者様が読みたくなるような記事書いて有料記事にしてコーヒー代を捻出できないかやってみようかと。。フリーライターみたいでちょっとカッコイイ。。

有料記事の内容として今考えているのは

・米国株分析(1記事1社)

・分析の中で特に有望だと思った会社のポイントをまとめたダイジェスト版

いずれも1記事500円。

クレームとか鬱になるので、本当に支援してくれる人限定で。。

 

とか前から言いつつ、時間なくて全然書けないでおりますが・・・どっかで頑張ります。。

 

今後の方針

読者様が増えた事はとてもありがたいのですが、一方で自分の企業分析や指摘が本当に正しいか不安になってきてます。

実際以前、数値の解釈を間違ってしまった記事について、投資家から抗議され「会社関係者が貴方を名誉棄損で訴える準備をしている」と言われた事もありました。

指摘内容が適切と判断できたため、謝罪して修正記事を出しましたが、あれは結構メンタルにきました。。休日だったので良かったですが、これがもし仕事中だったら手がつかなかったと思います。プライベートのせいで本業の仕事に手がつかないとかあるとさすがにマズい。。

ただ、そういった痛みを伴いつつも、ブログという場が、私の言葉足らずな書き方(偉そうに見えるそうです)や、企業に対する認識誤りを矯正してくれるのは間違いないですし、有価証券報告書という、あまり一般人が目にしない資料を独自の見解で読み解くブログが一つくらいあっても良いのかな、と。

という事で、私の脆いメンタルが砕け散るその時までは、淡々と、仕事に支障のない範囲で今後も続けていこうと思ってます。

 

以前よりご贔屓頂いている読者様、新たに来て頂いた読者様、今後とも温かいご支援のほど何卒よろしくお願いいたします。